安全にお子さんのコンプレックスを解消「キッズ脱毛」

キッズ脱毛

女性のムダ毛というのは、思春期(中学生入学前後)に入る頃や生理が始まる頃に濃くなっていくのが普通です。その頃には誰もが急激にムダ毛が目立ってくるようになるので、友達と一緒にムダ毛の悩みについて話すこともあるでしょう。ところが、もっと幼少の頃から友達よりも体毛が濃くて悩んでいる子もいます。この場合、体毛が濃い原因というのは、ほぼ両親からの「遺伝」です。

 

ここ数年で小さな子供に脱毛を受けさせる親が急増しています。脱毛自体がリーズナブルになったことや肌トラブルを未然に防げることなど、脱毛にはメリットがとにかくたくさんあります。早いうちから脱毛すれば肌はずっとキレイなままでいられますし、肌荒れに悩むこともありません。

 

毛が濃いことを理由にからかわれたり、内向的な性格になってしまうのはとてももったいないこと。子供が小さいうちは何をするにも親御さんのサポートが必要です。子供がムダ毛を気にすることなく健やかに成長していけるよう、本ページでは最先端のキッズ脱毛について詳しく紹介していきます!

 

キッズ脱毛の人気2大サロンを徹底比較

 

キッズ脱毛といえばディオーネとエピレが有名です。初めてのキッズ脱毛をお考えの方であれば「保護者も一緒に試せるディオーネのキッズ脱毛」がおすすめです。子供が受ける脱毛をご自身で体験し納得してから、申し込むことをおすすめします。

 

ディオーネのキッズ脱毛

 

ディオーネ

 

ディオーネのキッズ体験脱毛は中学3年生までの女の子と小学校3年生までの男の子を対象としたキャンペーンプランです。いきなり全身脱毛を申し込むのはなかなか難しいものです。保護者の方も一緒に体験できるので一度試してみてお子さんと相談してみてはいかがでしょうか?

 

ディオーネのキッズ脱毛料金

3歳 180000円
4歳 200000円
5歳 220000円
6歳 240000円
7歳 260000円
8歳 280000円
9歳 300000円
10歳 320000円
11歳 340000円
12~15歳 360000円

 

公式サイトへ

 

エピレのキッズ脱毛

 

エピレのキッズ脱毛

 

エピレのキッズ脱毛は2つの初めてプランがおすすめ。19部位から2ヶ所選んで脱毛できるプラン980円と両ワキ脱毛6回プラン500円があります。
老舗サロンTBCプロデュースのエピレだからできる安心安全のキッズ脱毛をぜひお試しください。

 

公式サイトへ

 

子どもをキッズ脱毛させる親が増えている?その理由とは?

 

子供を脱毛に通わせる親たちの多くは、過去に自分も脱毛に通っていたことがあるという人がほとんどです。毛深いことに悩んだ経験のある女性たちは、自分の子供にも同じような思いはさせたくないという気持ちが強いことが理由に挙げられます。「もっと早く脱毛しておけば良かった」という脱毛経験者たちの思いからキッズ脱毛が生まれたと言っても過言ではありません。

 

さらに、子供は3~4歳くらいになると『比較する行為』を覚えます。自分と他人、または大多数と少数派というようなざっくりとした比較に過ぎませんが、「みんなと違う」ということに敏感に感じだすのがこの年頃です。「○○ちゃんは女の子なのに毛が濃い」「口の周りにおヒゲが生えている」など、無邪気ゆえに発言してしまう子供も多いのが現実。そんなささいなことがキッカケで内向的になってしまう子供も多いので、それを避けるために脱毛に通わせたいという親御さんも多いでしょう。

 

子どもがムダ毛を気にするきっかけとは

女の子の場合、生理が始まるのと同じくらいの時期に毛深くなっていくのが一般的です。これは女性ホルモンの働きが活発になることが影響していて、胸がふくらんだり体つきが丸くなっていくのもこの時期です。ワキやデリケートゾーンに毛が生えてくることで毛を強く意識するようになり、早い子であればすぐに自己処理を開始する子もいるでしょう。

 

 

水泳・バレエ・ダンスなど、露出の多い習い事

手足やワキを露出する機会が増えることでムダ毛を意識し始めたという子供も多いです。特に、水泳やバレエ、ダンスなど露出の多い習い事では、嫌でも自分や他人の肌が目に入ってきます。習い事自体は楽しいと思えても、毛が濃いことが気になりだすと練習に集中できなくなる子供も多いです。また、「毛が濃いことは恥ずかしい」と考えるようになると、人目につかないようにしたりムダ毛処理に強い関心を持つようになります。特に、毛が濃いことを男の子にからかわれたことがある女の子はそれがトラウマになることも多いので、親御さんによる心のケアやムダ毛処理をサポートしてあげる必要があります。

 

学校のプール授業

学校のプール授業も子供がムダ毛を気にするきっかけになることが多いです。思春期になれば毛だけでなく体型を気にする子供も増えるので、一学年の男女が一斉に水着になること自体恥ずかしいと思う子供も多いでしょう。プール授業はあまりいい思い出ではなかったと答える子供が多いのも事実としてあります。

 

親自身が子どものことを気にして脱毛を考えている

毛が濃いことで悩んだことがある人であれば、自分の子供が毛深いことやムダ毛処理をしているのを見てどうにかしてあげたいと思うことでしょう。特に女の子供を持つお母さんたちは、自分と同じような思いはさせたくないと考えるのが普通ではないでしょうか?子供が毛を気にしすぎるあまり勉強や運動に集中できなくなることは避けたいですし、必要以上に内向的な性格にならないかは誰でも心配ですよね。毛が濃いことがいじめの原因となるケースもあるので、親御さんも一緒になって子供の体毛について考えてあげる必要があります。

 

 

人よりもムダ毛が濃いと、子供はこうなりやすい

周りの目が気になって勉強や運動に集中できなくなる

何においても自信がもてず、内向的になりやすい

友達と一緒にお洒落をしたいのに、消極的になる

いじめの原因になる

 

幼少の頃から友達よりも体毛が濃いと、体育や水泳の時間、習い事で肌を露出する度に、「どうして私だけこんなにムダ毛が目立つのだろう。」と疑問を感じるようになります。

 

成長期に自信を持っていろんな経験をする事は大切なのに、体毛が濃い事が控えめになるのは、ママとしては避けたいですよね。

 

子供さんは正しいムダ毛の処理方法なんてわかるはずもありませんから、今の時代にぴったり合った脱毛方法で、安全に子供さんのムダ毛のお手入れを始めましょう。

 

子どもに脱毛をさせる場合、どんな方法であれば安全?

では、どんな方法であれば安全に子供のムダ毛を処理することができるのでしょうか?子供の肌はデリケートですから、大人と同じ方法では肌トラブルの原因になってしまう可能性が大きくなってしまいます。一般的な脱毛方法として、以下のケースで考えられるリスクを想定してみました。

 

除毛クリーム

カミソリと同じくらい手軽にムダ毛処理できるのが除毛クリームを使用する方法です。ムダ毛が気になる場所に専用クリームを塗って時間を置くだけでキレイな肌になります。除毛クリームはたんぱく質を分解することで毛をとかすしくみなので、長時間の使用は肌への負担が大きくなるということ。成人をターゲットに販売されているものですから、小さな子供の肌には負担が大きくヒリヒリしたりかゆみの原因となることがあります。粘膜や皮膚の薄い顔には使えないため、処理できる範囲が制限されるというデメリットもあります。

 

家庭用脱毛器

自宅で光脱毛ができるのが家庭用脱毛器です。サロンに比べて光の出力レベルは低いですが、何度も続ければ最終的にはサロンで脱毛するのと同じくらいの仕上がりが期待できます。家庭用脱毛器は性能によって価格差が大きく、安いものは痛みが伴ったり壊れやすいなどのトラブルも多いです。高性能のものでも自己処理をしなくて済むようになるまで20回近くお手入れが必要なので、とにかく手間と時間がかかります。うなじや背中などは一人で処理できないことや、素人では毛周期のサイクルを見極めることが難しいことが難点。

 

皮膚科での子ども脱毛

皮膚科やクリニックで受けられるレーザー脱毛は、最も安全性が高い脱毛方法と言えます。ドクターの診療と看護師による施術が受けられるので、アトピーなどの肌疾患を持っている人は皮膚科で脱毛している人も多いようです。皮膚科での脱毛は完了までの時間が短い分、金額が高く子供料金は適用にならないケースがほとんどです。強い痛みを伴うことも多いので、我慢できない場合は麻酔を使用することもできるようですが、小さな子供の場合は麻酔自体が負担になるのであまりおすすめできません。もちろんドクターと相談しながらの施術にはなりますが、子供にとって精神的に負担になるような方法は避けたいのが親心。

 

デリケートな肌に、自己処理は絶対にNG

子供の肌は思った以上に薄く、少しの刺激でも傷がつきやすくとてもデリケートです。丈夫になった大人の肌でもカミソリ負けをして「肌荒れ」や「黒ずみ」などの肌トラブルを起こすのに、もっと弱い子供の肌に、間違ってもカミソリなんて使ってはいけません。

 

もし自己処理をさせたところで、子供自身力加減もわからないので、尚更皮膚トラブルのリスクは高まります。

 

子供でも脱毛ができている脱毛サロンがありますから、必ず子供の肌に負担の少ない「キッズ脱毛」で、子供のムダ毛のお手入れを始めましょう。

 

子どもが脱毛サロンで施術する場合のリスクはないのか

子供の皮膚は大人に比べて薄く傷つきやすいもの。痛みや肌トラブルなどがないか気になるところですよね。キッズ脱毛ができるお店の脱毛マシンには、小さな子供向けに照射レベルが細かく照射できる機能が搭載されています。お店によってはキッズ専用のマシンを導入しているところもあるので、脱毛における肌トラブルのリスクはほとんどないと言っていいでしょう。

 

子供の頃から自己処理を続けることの方が肌への負担は大きくなります。やわらかくてキメの細かい子供の肌を守るためには、ムダ毛か気になり出してすぐに本格的なお手入れをするのがベストです。

 

脱毛サロンで施術が安全な理由や特徴

(痛みがない、肌の負担が少ない、日焼けしやすい子どもが脱毛できる)
光脱毛は痛みがほとんどなく、肌への負担も少ない脱毛方法です。ムダ毛が処理できるだけでなく、自己処理をしなくて済むため肌はどんどん美しくなります。ほんの数年通うだけで、一生美しい肌で生活することができるのです。外で遊ぶ時間の長い子供たち向けに、日焼けをしていても脱毛できるお店がほとんどです。

 

子ども脱毛の効果(産毛への効果、など)

光脱毛は、黒いものに反応する光を肌に当てることで減毛を目指していく脱毛方法です。毛が濃ければ濃いほど脱毛効果が大きいので、色素が薄くやわらかい産毛をキレイさっぱり処理するというのは難しいことと言えます。毛質に合わせて光のレベルを調節できるようになっているので、産毛の処理が不可能というわけではありませんし、継続することで確実に毛は減っていくので安心して下さいね。

 

子ども脱毛はいつから始めることができるのか?

キッズ脱毛はお店によって開始できる年齢が異なります。お店別の年齢は以下のとおりです。

 

ディオーネ

3歳から可能。全身脱毛に関して、キッズ料金が適用になるのは11歳までです。小学校3年生まではキッズ脱毛キャンペーンが適用になるので、詳しくはお近くの店舗に確認してみて下さい。また、脱毛サロンとしては非常に珍しい男の子の脱毛も可能です。男の子に関しては小学校3年生までの年齢制限付き。

 

  • 3歳から脱毛できる
  • ハイパースキン脱毛
  • 全く無痛で、肌ダメージなし。
  • アトピー肌・敏感肌・ニキビ肌・色黒肌でも対応が可能

 

公式サイトへ

 

エピレ

7歳から可能。女性専用サロンなので、男の子の施術はできません。

 

  • 7歳からできる「キッズ脱毛」
  • 光脱毛
  • エステサロンの老舗・TBCプロデュースの脱毛専門サロン

 

公式サイトへ

 

アドラーブル

10歳から可能。10~16歳は「キッズ&ジュニア脱毛」対象年齢になるので、成人向けのコースとは料金も異なります。

 

どの部位でも脱毛することは可能なのか?(200字程度)

お店によって異なりますが、キッズ脱毛で施術できる範囲は基本的には大人と同じです。顔はもちろん、VIOなどのデリケートゾーンにも対応しています。キッズ脱毛では鼻の下や腕、脚など人目につきやすいパーツが人気のようですね。薬を服用している場合や日焼けの状態など施術を制限されるケースも大人の場合とほぼ同じで、キッズ脱毛だけの特別ルールは基本的にはありません。アトピーやすり傷などで肌状態が著しく悪化している場合、施術を断られるケースもありますので注意が必要です。

 

男の子もキッズ脱毛を行っているのか?

脱毛サロンは女性専用のお店がほとんどです。男の子の脱毛をしてくれるお店はディオーネなどのごく一部のサロンだけで、残念ながら基本的には女の子のみの施術となるようです。メンズ向けのお店でも、今のところキッズを対象とした脱毛サービスを提供しているお店はほとんどありません。美意識の高い男性が増えつつある現代では、男の子向けのキッズ脱毛が始まるのは時間の問題かも知れませんね。

 

子どもが脱毛する場合の施術方法や費用はどのくらい?

成人女性向けの全身脱毛の相場は20~30万前後と言われていますが、子供向けの脱毛に関しては提供しているお店や地域によって施術範囲や金額が大きく異なります。これは、キッズ脱毛を提供しているお店がまだまだ少なく、価格競争をしなくても顧客獲得ができることが大きな理由と考えられます。

 

子供の体は日々成長していくので、料金を一定額で設定することは難しく、年齢や学年に応じて異なる金額を設定しているお店が多いようです。例えば、3歳から脱毛できるディオーネでは全身脱毛の金額が1歳につき2万円ずつ増額していきます。体が大きくなるにつれ使用するジェルや照射回数も増えるため、キッズ脱毛を一律価格にすることは難しいことがわかります。金額を安く抑えるにはできるだけ早く始めるのが理想的ということですね。

 

施術方法は大人向けの脱毛方法とほとんど変わりありません。毛周期に合わせて2~3ヶ月に一度のペースで予約を入れるのが一般的。大人に比べて皮膚が薄く肌が傷つきやすいため、照射する光のレベルを調整して安全性を考慮した施術をしてもらうことができます。マシンの設定をキッズモードに設定したり、お店によってはキッズ専用の脱毛機を導入しているところもあるようです。

 

キッズ脱毛が受けられるお店では、親御さんが送迎できることを条件としています。多くのサロンは女性専用なので初回カウンセリングはお母さんの同伴が求められます。脱毛完了までには長い時間がかかるので、最後まで責任を持ってお子さんの脱毛を見守ってあげられる環境が必要です。

 

「キッズ脱毛」で注意しておきたい事

女の子

主な脱毛サロンでは、ホルモンの分泌が安定した15歳以上になってからが効率よく脱毛できるとしています。子供の場合はホルモンの分泌が安定していないためムダ毛の再生率が高くなる可能性があります。施術回数が増えるかもしれない事を覚悟して、脱毛を始めましょう。また、光脱毛の場合は施術前後は、特に日焼けについての注意が必要です。肌に熱を加えてムダ毛を処理していく処理方法なので、体育などで紫外線を浴びる機会が多い場合は注意しましょう。

 

ママも一緒に脱毛体験

 

花畑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱毛エステサロン総合ランキング【最新版】

ミュゼプラチナム

総合評価
5点
料金
5点5.0
脱毛の技術
5点5.0
サロンの雰囲気
5点5.0
予約のとりやすさ
4.5点4.5

WEB予約

ミュゼプラチナム

ランキング

無料カウンセリング

脱毛ラボ

総合評価
5点
料金
5点5.0
脱毛の技術
5点5.0
サロンの雰囲気
4.5点4.5
予約のとりやすさ
4.5点4.5

WEB予約

脱毛ラボ

ランキング

無料カウンセリング

キレイモ

総合評価
4点
料金
5点5.0
脱毛の技術
4.5点4.5
サロンの雰囲気
4点4.0
予約のとりやすさ
4.5点4.5

WEB予約

キレイモ

ランキング

無料カウンセリング