脱毛サロンの倒産は意外と珍しくない!月額払いを選べばリスクが軽減する?

脱毛サロンが倒産

 

脱毛サロンを検討している方、現在通っている方のどちらも知っておきたいことがあります。それはサロンの倒産に関することです。サロンに通い始めたものの、コースを消化する前に会社が倒産してしまったということになったら大変ですよね

 

ですが、そもそも脱毛サロンが倒産するようなことはめったにないのでは?と思っている方も多いかもしれません。確かにそう頻繁にある話ではありませんが、可能性はゼロではないのです。

 

大手サロンでも安心は禁物。契約書に返金措置について書かれているか確認を

実際に上場していた大手のエステ企業が倒産したという事例もあるため、大手だからといって安心はできません。

 

まずは契約書に「前受金の保全措置」に関する記述があるか確認することが大切です。これは、仮に脱毛サロンが倒産してしまった場合に、前払い金の全額、または一部を返金するという措置のこと。

 

もしも脱毛サロンが倒産してしまった場合には契約書を確認することから始めましょう。

 

契約書に返金措置が記載されていなければ消費者センターに相談しよう

こういったことが記載されていなかった場合も消費者センターに相談することにより、今後の対策を考えることができます。どうしても慌ててしまうかもしれませんが、契約書を持って消費者センターに相談しに行きましょう。

 

kokusen

>>お住まいの地域の消費生活センターを探す方はこちら

 

クレジットカード決済を選択している方はカード会社に連絡をする

また、分割払いで契約をしている方の中にはクレジットカード決済を選択している方も多いですよね。そういった場合、まだ引き落としされていない支払い分はカード信販会社へ連絡することによりストップできます。

 

買収先の会社に問い合わせをする

倒産した企業が買収されている場合には買収先の会社に問い合わせ、対策をとることになるでしょう。

 

大金を現金で前払いするのは避けたほうが良い

支払い方法としてクレジットカードではなく現金での支払いを強く進めてくるサロンは資金繰りが悪化している可能性も考えられます。クレジットカードでの決済を選択した場合には未支払い分をストップできるのですが、現金で前払いをしてしまうと倒産した際に取り戻すのが難しくなってしまうので注意しましょう。

 

残念ながら、100%倒産しない脱毛サロンを探すのは非常に難しいことです。そのため、倒産時の対応に関することは契約前にしっかり確認しておいた方が良いですね。次に脱毛サロンとの解約方法や返金対策について詳しく見ていきましょう。

 

どうやって解約すれば良い?

倒産すると解約どころか、返金してもらえないケースもあります。なので、不穏なうわさを聞いた時点で「解約してしまおう」と考える方も多いのではないでしょうか。解約方法はサロンによって異なりますが大きく2つのポイントに分けられます。

 

基本はコールセンター

直接店舗に行って解約したいと伝えればいいのでは?と考える方も多いかもしれません。ですが、突然訪問してもすぐに手続きが開始できなかったり、二度手間になってしまう可能性が高いため、まずはコールセンターで手続き方法について確認しましょう。

 

コールセンターの番号は脱毛サロンのホームページの他、会員カードや契約書などに記載されています。脱毛サロンの中には解約専用のコールセンターを用意しているところもあり、そういったところでは解約までの手続きが非常にスムーズです。

 

コールセンターに電話したあとの流れは脱毛サロンによって違うのですが、直接店舗のほうに足を運んで手続きをする場合もあればサロンから解約に必要な書類などが郵送され、それを返送する形を取っているところもあります。

 

予約日時に店舗で解約手続き

店舗で書類などを記入しなければならないケースもあります。こちらの場合も事前にコールセンターに連絡をして解約の手続きに関する予約を取っておきましょう。

 

なにを持っていかなければならないかというのも通っている脱毛サロンによって違うので、電話で確認しておいたほうが安心です。まだ残り回数がある場合には解約と同時に返金処理もしてもらわなければならないため、返金されたお金を入金してもらう銀行の通帳や印鑑、身分証明証も持って行きましょう。

 

店舗に直接行くと引き止められてしまうのではないかと不安になってしまう方も多いですが、解約を決めているのであれば強い意志を持って解約に向かうことが大切です。

 

各脱毛サロン解約方法まとめ

 

脱毛サロンが倒産しても返金してもらえる?

まず倒産における返金についてですが、こちらは契約するコースやそれぞれの店舗によって扱いが異なるので一概には言いづらい部分があります。しかし、ほとんどの脱毛サロンは未使用分の回数に応じて返金する、という対応を取っているようです。

 

契約したばかりならクーリングオフが使えるかも

契約してから一定の期間内にクーリングオフを申し出れば支払ったお金が全て返金されます。条件は以下の通りです。

 

  • 契約書発行から8日以内
  • 契約コースが5万円以上
  • 契約期間が1ヶ月以上

 

これらを全て満たしていればクーリングオフが適用されます。ただ、直接店舗に行ってクーリングオフを伝えるのは不安があるという方もいるでしょう。クーリングオフは店舗に足を運ぶ必要はなく、ハガキでの郵送で申告が可能です。

 

具体的にどのように行えばいいのかというと、実はこれには決まった形式がなく、契約相手である脱毛サロンに対して契約を解除する事を伝える内容を紙に書いて送るだけとなっています。

 

クーリングオフのハガキには冒頭に「通知書」と書いたうえで契約日、契約会社名、購入商品(コース)名、サロンの住所、担当者、金額を書き、「上記契約を解除いたします。つきましては、私が代金として支払い済みの代金○円を返金してください。なお、代金は下記口座に振り込んでください。」と書いて自分の住所、氏名、返金振込口座を記載して送ります。

 

これらの手続きは素人でも簡単に行えるのですが、「契約書発行から8日以内」というのが非常に大きなポイントなので気をつけましょう。仮に契約書発行から8日以内にクーリングオフを希望するハガキを送っていたとしても、お店側から「届いていない」と言われてしまったら大変ですよね。

 

なお、「8日以内」というのはこの期間中に相手に届いていなければならないというわけではなく、投函した日が契約書発行から8日以内であれば問題ありません。

 

相手から届いていない、8日以上過ぎていると嘘をつかれてしまうトラブルを防ぐためにも自分用の控えとしてハガキの両面をコピーした上で内容証明郵便で送りましょう。内容証明郵便とは、その日時に確実にクーリングオフの書類を送ったということを証明するためのものです。

 

この方法を選択しておけば、脱毛サロン側から届いていないといった趣旨の言い逃れをされることがなくなります。

 

中途解約による返金

コースによっては全額返金に対応しているものもあれば、残り回数に応じた返金になっているものもあるのでこのあたりは確認が必要です。具体的な計算方法は脱毛サロンや契約コースによってかわる可能性がありますが、シンプルに計算すると「1回あたりの金額×残りの回数」が返金額になります。

 

クーリングオフではなく、通常の解約となる場合には手数料が発生してしまうこともあるので、この点もあらかじめ確認しておきましょう。手数料は契約残額の10%または2万円のいずれか低い額と決められています。

 

これを引いた金額が返金される形になるので気をつけましょう。このほかには銀行振り込みの手数料も負担する形になります。

 

中途解約とクーリングオフの全く違う点と言えば、クーリングオフは契約自体をなかったことにできるのに対し、中途解約はそうではないということです。そのため、すでに受けたサービスの費用まで返金してもらえるわけではないので注意しましょう。同じく、スキンケア用品などすでに使ってしまった分の商品代金は戻ってきません。

 

また、万が一脱毛サロンが倒産するような事態になってしまうと、支払い済みの費用は回収が難しくなってしまうことも考えられます。このようなリスクを少しでも減らすために脱毛サロンの支払いは都度払いを選択しておいたほうが良いですね。

 

脱毛サロンの解約には何を準備すれば良い?

脱毛サロンが倒産してしまう場合、コースの残りを返金してもらうために手続きを進めていかなくてはなりません。その際に、いくつか準備しておかなくてはならないものもあるので確認していきましょう。

 

まず、基本的に返金は「現金払い」ではなく「銀行口座への振込」となります。なので、必ず銀行の通帳と銀行届出印を準備しておきましょう。また身分証明証が必要となることがほとんどなので運転免許証なども準備しておきたいところです。もし支払いをクレジットカードにしているなら、カード情報が必要になることもあるのでこちらも持参しましょう。

 

他には契約書も持っていく必要があります。

 

まとめると…

 

  • 銀行通帳
  • 銀行届出印
  • 身分証明書(運転免許証など)
  • クレジットカード(カード払いの場合)
  • 契約書

上記のようなものが必要になります。

 

返金までかかる時間はどのくらい?

通常だと2週間~2ヶ月くらいで返金されることがほとんどなのですが、倒産まっただ中にあるなら返金が遅れる可能性は高いです。そのため、1ヶ月~2ヶ月くらいは見積もっておいたほうが良さそうですね。

 

なお、現金で支払った場合に比べ、クレジットカードで支払っている方のほうが返金に時間がかかるようです。こちらの場合は1ヶ月以上かかるのが基本となります。

 

脱毛サロン倒産まとめ

ということで今回は脱毛サロンの倒産について紹介してきました。現在進行形で利用している方からすると他人ごとではありませんよね。もしも通っている脱毛サロンが倒産する、という場合は次のような手順で行動しましょう。

 

  • 1. コールセンターに連絡(倒産の理由や今後どうなるのか、解約や返金に関する相談など)
  • 2. 提携店舗で解約&返金手続き
  • 3. 次のサロン選びはその都度払いでリスクヘッジ

 

近年、大手の脱毛サロンであるミュゼが倒産のピンチであるという噂が流れました。結果としては株式会社RVHという会社から支援を受けることになり、RVHグループの傘下に入ることにより倒産を免れる形になったのですが、ミュゼといえば脱毛サロンの中でもかなり有名で人気があるサロンですよね。

 

そのようなところでも倒産の危機を迎えてしまうということは、大手だからといって安心できないということです。

 

残念ながら、脱毛サロン選びに十分注意をしていたとしても倒産のリスクはゼロではありません。倒産トラブルに巻き込まれてしまった場合は今回ご紹介した方法で対応してくださいね。

 

脱毛サロン乗り換えランキング

脱毛ラボ

総合評価
5点
料金
5点5.0
脱毛の技術
5点5.0
サロンの雰囲気
4.5点4.5
予約のとりやすさ
4.5点4.5

WEB予約

脱毛ラボ

ランキング

無料カウンセリング


KIREIMO(キレイモ)

総合評価
4.5点
料金
4.5点4.5
脱毛の技術
4.0点4.0
サロンの雰囲気
4.5点4.5
予約のとりやすさ
5点5.0

WEB予約

KIREIMO(キレイモ)

KIREIMO(キレイモ)

無料カウンセリング


TBC

エステティックTBC

総合評価
5点
料金
5点5.0
脱毛の技術
5点5.0
サロンの雰囲気
5点5.0
予約のとりやすさ
4.5点4.5

WEB予約

エステティックTBC

ランキング

無料カウンセリング